銅・黄銅屑 急落、ノミナル安

2019-07-02 15:55:27 3c 39

CIMG0968.jpg

銅・黄銅屑類は建値引下げを映して3万3千〜4万円の急落。
市中相場は1号銅線=66万1千〜6千円、上銅(新切)=63万4千〜9千円、
新黄銅(セパ)=49万7千〜50万2千円、黄銅削粉=45万8千〜46万3千円。

原油価格の下げに歯止めがかからず、中国経済の減速懸念が広がっていることで、市中には先安観が強まっている。大手メーカーの下げ幅が大きいことで値ごろ感がつかめず、商いは総見送り状態。このため相場は完全にノミナル。